保健・健康管理について

【保育園で体調が悪くなったら?】

お預かり時間中に38度以上の発熱が続いたり(複数回検温)、通常の保育が無理であるような体調の悪化がみられた場合は、ご家庭へ連絡しお迎えをお願いしています。

しかしお仕事の都合上、すぐにお迎えにこられない場合もあるかと思います。そのために、入園時に確認書面(署名・押印)をいただき、お迎え可能な時間まで保育園(必要に応じて保健室で)でお預かりするシステムがあります。

★緊急でやむを得ないときや、連絡がとれないときは、専門医師の診断や手当てを受けることがあります。

 

【 感染性の病気と診断された場合】

◎医師の診断にもとづき、集団生活が可能になるまでお休みをお願いします。

◎下記のような感染性の病気の場合、登園する際には病院で登園許可書に記入いただき、提出をお願いしています。「登園許可証」の用紙は園で用意します。担任におたずねください。

「登園許可証」が必要な病気 ※その他の病気でも登園許可書をお願いする場合があります。

  • インフルエンザ 
  • 百日咳 麻疹(はしか)
  • ウィルス性肝炎
  • 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
  • 風疹(三日はしか)
  • 水痘(水ぼうそう)
  • 咽頭結膜熱(プール熱・アデノウイルス感染症)
  • 結核
  • 流行性角結膜炎
  • RSウィルス感染症
  • 急性出血性結膜炎 
      (*感染性のものではない結膜炎は、医師の指示に従って下さい)
  • 手足口病  
  • 溶連菌感染症  
  • ヘルパンギーナ  
  • 重篤な胃腸炎

【 とびひ(伝染性膿かしん)】

じくじくしたとびひを触った手で他の肌をさわると、簡単に感染します。小さなお子さんばかりが生活する当園では、症状が見られるお子さんを集団の中で保育するのは難しい状況のため、以下の確認をして通院やお家で過ごしていただくようお願いいたします。
★感染が見られたら★
園看護師の見解 + 園長の状態確認  → 登園できるかどうかを決定
確認ポイント:じくじくが治まっているか  患部が乾燥して薄皮ができているか
          

  • いったんおあずかりした後でも、状況に応じて、ご家庭にお迎えをお願いすることがあります。
  • 症状によっては登園許可書をお願いする場合があります。

【 胃腸炎(下痢・嘔吐)について】

胃腸炎と診断されたら、症状がおさまるまでご自宅で安静と見守りをおすすめします。どうしても登園せざるおえない場合は、園での集団生活で気をつけることなど、注意点を医師に確認し、担任に知らせてください。
重篤な胃腸炎の場合は登園許可書をお願いする場合があります。

 

【おくすりについて ~保育園で協力できること~ 】

保育園の生活中に投薬が必要な状況もあるかと思いますが、投薬は医療行為にあたるため、原則として行いません。ただし、医師の処方を受けた薬に限り、医師の指示に基づき行うことができます。必要がある場合は、所定の手続きをいただき、個別にご相談させていただきます。

★投薬の必要がある場合に必要なこと

  • 医師の処方を受けた薬であること
  • 保育園の与薬依頼書に具体的な事項を記入し、薬、薬剤提供書とともに職員に直接お渡しください。
  • お薬は1日分のみお預かりします。

その他詳細は職員におたずね願います。

【予防接種を受けたあとはご家庭でお過ごし願います】

予防接種当日は、副反応などの異常がおこることがあります。 お子様の様子を観察するためにも、ご家庭で安静にすごされますよう、ご協力お願いします。